金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金に限った話ではないですが、古物買取においては、多くの

金に限った話ではないですが、古物買取においては、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも同様です。

公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などで身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証のコピーを同時に送ることを求められる場合が多いですね。

最近、身内が亡くなり、私も遺品の指輪をもらったのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。

買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、本当に大丈夫か心配だったのですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。

そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、店も明るい感じで緊張しませんでした。

金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、話だけでも聞いてみることにしました。

電話の人が説明してくれたところによると、手持ちの宝飾品や貴金属でずっと身に付けていない品があったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、利用してみてもいいかなと思いました。

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと様々に色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。