金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金を買ったはいいが、どうやって保管すれば

金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。

そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、やはり自宅保管では心配なので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。

そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は最初から現金にして銀行に預けておくのが一つの手でしょう。

最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店ではトラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。

なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないケースが大半だと思われます。

もっとも、沢山あるお店の中には、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校生ならやはり買取は不可能です。

初めて金買取を利用してみようと思っている方は、いくらで売れるか誰もが気にしますが、それはその時によって異なるとしか言えないのです。

国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。

そのため、少しでも高い金額で手放したいなら、テレビやネットの情報に目を光らせ、相場変動の情報に強くなっておくことが重要だといえます。

金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。

呼んでもいないのに自宅を訪れ、強引に金の売却を迫ってくるものです。

最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。

少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドだという証です。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。