金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わないアクセサリーや腕時計といった金製品を持て余している人は案外多いようです。

そんなときは買取ショップで換金しましょう。

貴金属を買取してくれる店を探して、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、最も良い条件で売却できる店はどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。

店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、よく調べて、有利な店を探してください。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、その金製品は現実にどれだけの金額を付けてもらえるのかという見積を事前に立てられることです。

品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、金の国際価格はドルで表されています。

それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。

金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判断できるようになっておくといいでしょう。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと色々な種類があるのです。

ある金製品が幾らで売れるかの目安として、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

近頃は、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、ネットで情報収集することもお勧めです。

その時の相場に基づいて買取額は決まるため、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。

お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。

ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。

金の買取を利用する際には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも同様です。

免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。

対面でない場合、商品を発送する際に身分証のコピーを同時に送ることで確認に変えるのが一般的です。