金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知って

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなど、数字が24以下になります。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと色々な種類があるのです。

金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。

近頃では、金やプラチナの高価買取の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。

ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、ためしにgoogleなどで検索してみても、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。

どうせ不要の品物を売るのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。

買取価格には自信があります、という売り文句につられて行ってみたところ、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などの苦い経験をした方もいるかもしれません。

多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、よく見極めたうえで利用しないといけません。

どうにも腹の虫がおさまらないという方は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。

未だ記憶に新しいリーマンショック

それからここ数年で、決して急速というわけではないですが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、預金の引き出しにストップが掛けられました。

こうした事態もまた、金製品の買取価格が上がる要因であると言えるでしょう。

最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込む形式が普通ですね。

目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、すぐに現金化できるため、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。

売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるお店も少なくないですから、十分納得のいく金額で手続を進めることができるようになっています。