金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

3%→5%→8%と上がってきた消費税。金の購入時に

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、買った金を買取店に持って行って売ると、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

そのため、元々金を持っていれば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるということになります。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

他の種類の営業電話はよく受けますが、金買取の話はこれまでになかったので、まずは話を聴いてみることにしたのです。

その業者によれば、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、不要な品を高い値段で買い取ってくれるそうです。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは装飾品以外にも、様々な商品を現金化することができるのです。

「金の買取」などと言うと、投資目的の地金にばかり考えが至りがちですが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。

メガネや金歯などもその一例です。

金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、郵送買取など、直接店に行かないケースでも同様です。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などを店に提示し、個人情報を控えさせることになります。

郵送した商品を査定してもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることで法律の要件を満たすことになります。

最近はやりの金買取。

色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうケースが最も多いようです。

お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、すぐに現金化できるため、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。

利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けているケースが最近は多いですから、満足いくような価格で手続を進めることができるようになっています。