金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

これまで金の買取を利用したこと

これまで金の買取を利用したことがない場合、お店選びで迷うというのはよく聞く話です。

折角売るなら、高値をつけてほしいというのは利用客としては当たり前の話です。

では、どんな基準で選べばいいのか。

ポイントは、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。

多くの人が良かったと言っているお店は、トラブルと無縁のちゃんとした店であると言えます。

初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。

不要な貴金属を買取に出す際は、注意するポイントがあります。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どこに持っていくかによっても買取額や手数料などの諸条件が大きく変わってくることです。

そのため、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かはあまり知られていないのではないでしょうか。

基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。

一時期は金の3倍ほどしたのです。

理由としては、レアメタルの中でも突出している希少性の高さを無視できないでしょう。

金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価格を引き上げる要因となっているのです。

不況の影響か、金買取の相場が次第に上がってきているので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、原則としては、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

この前、身内が他界して、私も遺品の指輪をもらったのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。

今まで金の買取は利用した経験がなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。

私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、終始良い雰囲気でした。

買取金額もそこそこの値になったので、結果的には正解でした。