金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショック以降、金の価格が高騰してい

リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。

刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。

できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。

専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。

数万円程度の買取額を得た程度なら、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

金買取を行っている業者のほうは、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、利益分を届け出て納税しています。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくのが得策ですね。

全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。

そこで、定番といえば、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。

ここで注意しなければならないのは、金をどこで買うかということですね。

新たに金の購入を始められるなら、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも本物だという信頼があるので大丈夫です。

リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

いくらかでも現金になるのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、金の価格は相場によって変わります。

それに伴って買取価格も変わるので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。

2008年のリーマンショック以降、この頃までに、ゆっくりとではありますが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

リーマンショックに続き、この経済破綻も金の市場価格を引き上げる起爆剤として機能したのではないでしょうか。