金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

近年、金の買取ショップが増え、買取価格

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。

金を売ったら、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては確定申告が必要なケースが出てきます。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら実質的には税金は課されないということです。

金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選ぶ必要があります。

加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくといった工夫もできるといいでしょう。

買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。

WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、十分気を付けてください。

初めて金買取を利用する際のスタートラインは、どこの店に売るかを決めることです。

高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。

また、何より大事なこととして、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。

信頼のおける情報といえば、実際に買取をしてもらった人の体験談です。

ネット上で簡単に見ることができます。

目についた中で最も口コミの良いお店を優先して利用するのがいいでしょう。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金以外の金属が入っている場合(合金)なら、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、大切なのは純度だということです。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、金買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。

いわく、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、処分を検討している品物があれば高額買取で引き取ってくれるということなのです。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、試しに査定してもらうことにしました。