金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、勿論、金買取の対象になります。

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。

その時の相場に基づいて買取額は決まるため、慌てて売るのはよくありません。

店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーをただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。

心当たりのある方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。

最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、だとしても十分、思った以上の値段には十分なることと思います。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

それが本当に金製であれば、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントというのが一定の目安になります。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を有償で設定している店もあります。

その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、これらが差し引かれることで、買取の対価として実際に手元に入る金額は少なくなります。

上手いこと騙されてるような気がしますね。

後から損した気分にならないためにも、費用の有償・無償はチェックしておいてください。