金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

不要になったプラチナのアクセサリ

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

そこのお店で売却すればいい値段になるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などのケースはよく耳にするところです。

信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

こうした被害に遭ってしまった時には警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。

金の買取を掲げている店舗では、装飾品以外にも、様々な商品に値段をつけてもらえます。

金というといかにも富豪の趣味という気がして、投資目的の地金が一般的にイメージされるのかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、純金でなく他の金属との合金の場合は、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと様々に色合いが変わるのです。

ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。

金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。

普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。

しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、思い切って専門店に売却して現金化するのも一つの手でしょう。