金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、普通に思い至る売却先といえば、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。

とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、一人で入るのは勇気が要るという方も多くいるのではないでしょうか。

そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

買取価格が通常に比べて異様に低かったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、憤りを抑えられない方も当然多いです。

しかし、安心してください。

訪問購入については法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。

依頼してもいないのに自宅にやってきて、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、いわゆる「訪問購入」による被害がここ数年で急増しています。

買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、なかなか首を縦に振らない人には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。

後から売却をキャンセルされまいと、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

そのため、元々金を持っていれば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。

買取サービスには昔から色々なものがあります。

最近人気なのは、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。

これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。

査定結果をメールなどで確認したら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。

店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間を気にせず利用できるので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人から好評を得ています。