金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取を利用する上で多くの方が気にする

金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段で売却できるかを正確に知りたいということですよね。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

金の国際価格はその都度変動しています。

その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。

すると、日本国内の金価格が算出できます。

よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか注意深く判断してください。

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。

使わない貴金属の処分に困ったときは、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

主な買取対象といえば金ですね。

最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額の臨時収入が期待できます。

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかまで把握している人はあまり居ないように思います。

一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

理由としては、市場規模の小ささに加え、金と比べても圧倒的に少ない産出量の影響があります。

プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。

今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどをどこかに売却したいというときには、注意するポイントがあります。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どの店舗を利用するかで、最終的な買取価格はそれぞれ異なっていることです。

ですから、事前にホームページなどで情報収集し、何処に売るのが一番得になるか色々な情報を総動員して判断しましょう。