金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、今日

世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、今日に至るまでで、徐々にですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。

加えて、ここ最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、預金の引き出し制限も発動されました。

こうした事態もまた、買取市場における金の価格が上昇する要因として機能したのではないでしょうか。

リーマンショック以降、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、市場の拡大に合わせて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。

お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも、やはり本人確認は必要です。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。

郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで確認に変えるのが一般的です。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、売りたい金製品はいくらの値段を付けてもらえるのかを正確に知りたいということですよね。

製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。

金の国際価格はその都度変動しています。

その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、お店の買取提示額が適切かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、しつこく金を買い取ろうとしてくるという迷惑な事例があります。

これは訪問購入と呼ばれます。

買取価格が通常に比べて異様に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

しかし、安心してください。

訪問購入については訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができるのを頭に入れておくことをお勧めします。