金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく検討した上で利用する必要があります。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は利用しないほうがいいでしょう。

素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

家のタンスなどに眠ったままの金やプラチナの装飾品があったら、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。

でも、それぞれのお店で売却金額は変わりますから、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。

一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取額にも大きな差が出てきますので、事前の情報収集は欠かせません。

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、何年も使っていない貴金属製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

使わない貴金属の処分に困ったときは、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額の臨時収入が期待できます。

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、家にずっと眠ってはいるけど、ずっと使い続けるのが嫌で処分を検討している人もいるでしょう。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。

自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。

そういう事態に直面してしまったら、泣き寝入りするしかないですね。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったというエピソードはよく聞きます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。