金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

お金持ちは色々なものに資金を投資して

お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。

典型的なものが金(ゴールド)ですね。

金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。

高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。

金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。

しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認しておくのが無難です。

消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるということになります。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句につられて行ってみたところ、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で金を手放してしまったという苦い経験をした方もいるかもしれません。

金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。

こうした被害に遭ってしまった時には消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金の純度が100%未満であれば、「18金(18K)」などの表現になります。

18Kは1000分の750という純度です。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと色々な種類があるのです。

金を売りたいなら、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

原則として、18歳未満の子供は、責任を取れないので、法律の規定によりお店に行っても買取してもらえないのが原則です。

さらに、取引の安全を守る意味でも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成年に達するまでは買取を断られることが多いようです。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者が署名捺印した同意書を求められるのが普通です。