金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

要らなくなった金のネックレスを買取ショップに持っていこ

要らなくなった金のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

市場において金の純度を証明するため、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%と解釈してください。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により販売や買取における価格が大きく変わるのです。

近頃は、金買取を扱うお店も増えてきたので、昔より利用を検討しやすくなりました。

金は相場変動によって買取額が変わってくるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、他と比較検討しないままお店を決めたら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。

また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。

金の買取が今流行りですね。

近年では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。

自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うところが多くなってきました。

金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。

ここ数年、金の市場価値が上昇しているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、実質的には税金は課されないということです。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。