金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

資産を現金の形で銀行に預けておくの

資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。

この方法を採用するなら、まず考えることは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。

金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも贋物の心配などと無縁で済みます。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

電話の人が説明してくれたところによると、手持ちの宝飾品や貴金属でずっと身に付けていない品があったら高い値段で買い取ってくれるそうです。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと色々な種類があるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、結果を左右するのは純度というわけです。

近頃は、金買取を扱うお店も増えてきたので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。

相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。

店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、考えなしに店を決めようものなら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。

金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかはあまり知られていないのではないでしょうか。

プラチナの方が原則的には高価です。

昔は特にそうでした。

要因としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を形作っているというわけですね。