金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け

金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

WEB上で簡単に申し込みできます。

まず、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。

何日かすると、電話やメールなどで査定額の提示があるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。

消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。

金を購入する際には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できるのです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。

金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。

普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、やはり自宅保管では心配なので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。

とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら最初から現金にして銀行に預けておくのが良い方法だと思います。

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

例えば75パーセントが金である18金の場合、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上に達するには、必要な量は600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、まずは話を聴いてみることにしたのです。

電話の人が説明してくれたところによると、貴金属製品で今は使っていないものがあったら高値で買取してくれるというのです。

丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。