金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

貴金属の買取を扱う店舗では、20歳未満からの買取の禁止

貴金属の買取を扱う店舗では、20歳未満からの買取の禁止を設定しているのが普通です。

そのため、未成年の人は買取を利用できないというのが原則です。

ごくまれに、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。

しかし、たとえ親の同意があっても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。

金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。

買取業者が自宅を訪問し、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。

お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、こちらが申し出に応じなければ、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。

後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、被害に遭わないよう十分注意してください。

一昔前と違い、今は色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。

今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどの売却時には、留意すべき点があるのです。

同量の金を買取に出す場合でも、店舗ごとの基準によって、最終的な買取価格はピンキリだということなのです。

なので、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店に売却するか真剣に考えるのがいいですね。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

もちろん、買取業者の方では、取引の量が個人とは違いますから、その利益に応じて多額の税金を納めていることと思います。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのが得策ですね。