金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

この前、身内が他界して、金の指輪を遺産

この前、身内が他界して、金の指輪を遺産として相続しましたが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。

金買取のお店で買取してくれるとのことで、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。

私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、店も明るい感じで緊張しませんでした。

肝心の金額も予想以上のもので、思い切って利用してみてよかったです。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を見てみるのがいいと思います。

市場において金の純度を証明するため、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だという意味です。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

昔もらったけど今ではもう使っていないような金やプラチナのアイテムを自宅のどこかに仕舞んでいませんか?最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

貴金属を買取してくれる店を探して、公開されている参考買取額をもとに、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。

全世界を混乱に陥れたリーマンショック

その時からここ数年で、やや遅めのペースながら、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。

リーマンショックに続き、この経済破綻も市場での金の価格が上がる切っ掛けだったと考えられます。

買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。

このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。

買取額の通知を受けたら、承諾の返事をし、取引成立になります。

もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。

店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、時間や地域の制約を受けることもなく、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人が主に利用しているようです。