金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ここ数年、金の市場価値が上昇してい

ここ数年、金の市場価値が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、原則としては、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

お手持ちの金製品を買取に出す際、必ず気にしなければならない点としては、金の相場をちゃんと知っておくことです。

なるべく高価の買取になるように、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、売却の時期を決定するのです。

実際の買取額は、申込時の相場で決定されるケースが普通です。

上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、色々な名目で買取額が減額されて、最終的に受け取る現金の額が随分減らされてしまうのです。

上手いこと騙されてるような気がしますね。

後から損した気分にならないためにも、この点を確認しておくことをお勧めします。

もう使っていない金製品などを買取に出す際は、注意するポイントがあります。

金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、店舗ごとの基準によって、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額はそれぞれ異なっていることです。

ですから、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、損しない売却先はどこか、よく検討して判断する必要があります。