金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金のネックレスやブレスレットといった装飾

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今では全然身に付けていないという金製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。

心当たりのある方は、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。

主な買取対象といえば金ですね。

最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段には十分なることと思います。

初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段での買取が見込めるのか見込額を知ることだと思います。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

金の国際価格はドルで表されています。

それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

こうした基本的な計算法を活用し、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。

この前、身内が他界して、金の指輪を遺産として相続しましたが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。

金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。

私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、気持ちよく買取手続を終えることができました。

金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。

今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを買取店に持ち込む前に、以下の内容を頭に入れておいてください。

金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、どの店舗を利用するかで、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金はそれぞれ異なっていることです。

ですから、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、損しない売却先はどこか、真剣に考えるのがいいですね。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を確認してみましょう。

それが本当に金製であれば、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金と解釈してください。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。