金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取ショップが街に溢れる昨今。初めて金買取をしてもらう

買取ショップが街に溢れる昨今。

初めて金買取をしてもらう場合は、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の買取価格は相場によって変動するものです。

貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。

そういうカラクリになっているので、少しでも高値で買取に出したいのであれば、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことが大事になってきます。

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、調べて利用してみるのもいいと思います。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。

お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、買った金を買取店に持って行って売ると、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。

このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をすることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。

ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金を消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。

従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も必ず身分証の提示が必要です。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。

対面でない場合、商品を発送する際に免許証などをコピーして同封することで確認に変えるのが一般的です。

最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、色々な名目で買取額が減額されて、本当に自分が受け取れる額は随分減らされてしまうのです。

なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

後から損した気分にならないためにも、費用の有償・無償はチェックしておいてください。