金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取を利用するとしても、

金の買取を利用するとしても、価値が高い内に急いで売ろうというのは得策ではありません。

皆さんが思っている以上に、金というのは、とにかく市場価値がコロコロと変わるためです。

そうした事情があるので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、上がるところまで上がったタイミングで手放すことが大事になってきます。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくるという迷惑な事例があります。

これは訪問購入と呼ばれます。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、被害を訴えるケースが最近増えています。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておいてください。

リーマンショック以降、金やプラチナの高価買取のテレビCMをよくやっている印象です。

パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、大変多くの店が出てくるので驚きます。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を確認してみましょう。

ニセモノの金でなければ、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金という印です。

もちろん、この純度が何%であるかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、話だけでも聞いてみることにしました。

そうすると、貴金属製品で処分を検討している品物があれば高い値段で買い取ってくれるそうです。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。