金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近問題になっている事件についてお伝えします。自

最近問題になっている事件についてお伝えします。

自宅に業者がやってきて、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が多くなっていると聞きます。

お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、簡単に応じないと見るや、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。

金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかを十分見極める必要があるでしょう。

昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。

買取金額だけが高くても油断はできません。

見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

金買取がブームですね。

古いネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を確認してみましょう。

それが本当に金製であれば、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だと思えばほぼ間違いありません。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で買取額は大きく変動してきます。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと様々に色合いが変わるのです。

金を売りたいなら、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

ここ十年くらい、いわゆる「金プラ買取」系の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金 買取」などのワードで検索をかけると、大変多くの店が出てくるので驚きます。

もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。