金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

近年では、店頭ではなくネット

近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。

メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。

店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。

買取で少しでも得をしようと思えば、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。

買取にかかってくる様々な手数料が一切ない店も少なくないため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを有償で設定している店もあります。

その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、現実に買取額として受け取れる金額は低くなることになります。

なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今となっては身に付けることのなくなった貴金属をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。

最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で手放すことができるでしょう。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが多くなっていると聞きます。

お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、なかなか首を縦に振らない人には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

このような業者は詐欺も同然であり、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、どんなによくできた偽物でも、本物の金でないことはすぐにわかります。