金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取店にとって真贋鑑定は重要で

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、たとえ見た目や比重を似せてあっても、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金の買取で課税されることなどないでしょう。

お店のほうでは、売買で動くお金も莫大ですから、しっかり利益を計上し、多額の税金を納めていることと思います。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくことで不安を払拭しておきましょう。

初めてで不安も多い金買取。

安心して利用する上で大事なのはまず、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。

高い値段を付けてくれるかも大事ですが、手続の簡便さも重要なポイントです。

郵送なら振込の早さも大事です。

最後の決め手としては、店の信用度や取引実績をチェックすること。

これに尽きます。

信頼のおける情報といえば、利用者からの生の声です。

これは口コミやレビューの形で確認できます。

目についた中で最も口コミの良いお店を選択するようにしましょう。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるのです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、ここ数年で、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

リーマンショックに続き、この経済破綻も金製品の買取価格が上がる要因だったと考えられます。