金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

これまで金の買取を利用したことがない場合、お店選びで迷うというのはよく聞く話です。

折角売るなら、高値をつけてほしいというのは当然ですよね。

初めての方が注目するべきは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。

ネットレビューで高評価のところは、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるのが容易に見て取れます。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、金買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。

そうすると、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、ずっと身に付けていない品があったらその業者に売却できるという話でした。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

それは24金、すなわち純金の話です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

ですから、現実の買取では、それだけで200万円を超えるような量というと大体570グラムといったところでしょうか。

近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、家にずっと眠ってはいるけど、ブームが過ぎてしまったなどでもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。

自宅にそうした商品を眠らせている方は、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。

本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。

買取店でそう言われてしまったときは、運が悪かったと思って諦めることです。