金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこの

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。

どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。

御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで法律の要件を満たすことになります。

年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

お店のほうでは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、事業所得として金額を申告し、課税されているはずです。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるのが得策ですね。

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に次第に上がってきているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。

金を売ったら、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

インゴットなどの地金を売却した際の利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

普段意識しないことですが、我々の周囲には貴金属と同様に扱われる金製品が結構たくさんあったりします。

中でも金歯はよく知られていると思います。

金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。

とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。

意外な形での臨時収入にありつける可能性が高いですから、用済みとなった金歯をお持ちの人は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。