金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しい

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。

金の購入時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

なので、一度金を買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーを自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。

貴金属を持て余している方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で売却できる可能性が高いです。

金の買取を利用するとしても、思い立ってすぐさま買取店に走るのは考えものです。

それがどうしてかというと、貴金属は買取時の値段が上下しやすいという性質があるからです。

そうした事情があるので、金相場の変動をチェックしておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することが大事になってきます。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。

最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、どんなによくできた偽物でも、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなど、数字が24以下になります。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。