金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大

金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。

鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を有償で設定している店もあります。

その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、色々な名目で買取額が減額されて、最終的に受け取る現金の額が低くなることになります。

なんだか損した気分になりますね。

せっかくの買取で後悔しないように、事前にこのあたりを確認しておきましょう。

金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。

また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくといった工夫もできるといいでしょう。

一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。

ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、十分気を付けてください。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかは普段意識することがないでしょう。

一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

その理由には、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を担保しているのです。

相場よりも高い金額で金を買い取るとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといった「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。

信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、よく見極めたうえで利用しないといけません。

黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、純金でなければ当然それより安い額になります。

純度によって額は下がります。

例えば18金なら、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上に達するには、必要な量は600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。